Press

2019年版 クナウフ・インシュレーション年次レポート発行

投稿者 Shoko McKay 投稿日 2019年11月 05日

今回のレポートでは、新しい製造工場や、先駆的なイノベーション、カスタマーサービス、そして弊社の継続した環境負荷低減への取り組みについてご紹介しています。

2019年版 クナウフ・インシュレーション年次レポート発行のご報告ができ大変嬉しく思います。

クナウフ・インシュレーション グループCEOであるJean-Claude Carlinは次のように述べています。「このレポートは、素晴らしい業績を上げた1年に貢献した社員すべての人々を祝うものです。」

「記録的な1年の中で、サステナビリティ活動を順調に進めてくれている社員や、将来への新しいソリューションを開拓する創案者たち、フランスとマレーシアの新しい製造工場の立ち上げに尽力する社員、そしてお客様を第一に考え行動を行う社員全ての業績を称えるショーケースとなります。」

「誇りに思うことがたくさんあり、私はこのレポートで我々の業績を共有できることを嬉しく思います。」

レポートのハイライトは次のとおりです:
新しい製造工場とそれに関わる人々

• 1億1,000万ユーロを投じたフランスの新しい製造工場で、社員インタビューを行いました。工場がどのように地域経済に貢献しているのか、フランスのエネルギー効率目標の達成をどのように支援しているのか、そしてどのように生物多様性のショーケースとなるのかを討論しています。

• アジア太平洋地域の主要メンバーのご紹介。1億2,000万ユーロを投じたマレーシアの新しい製造工場、2020年オープンに向けカウントダウンが始まりました。このプロジェクトは、アジア太平洋地域における弊社やお客様の今後の業績に大きく影響を与えることでしょう。

• クナウフ・インシュレーション北米CEOであるMatthew Parrishとの今後の優先事項に焦点を当てたインタビューについて。


コミュニティーとサステナビリティ

• 気候変動による壊滅的な影響によって移動を余儀なくされた脆弱な村落コミュニティのため、住宅の建設を支援するアラスカでの活動。

• 記録的な生産量を達成した年であったにも関わらず、どのように我々がCO2排出量と省エネ目標を上回り続けているのか。ー 継続的な改善活動の成果。

• 社員の安全を守るための取り組み、安全行動のより良い文化を構築する新しい取り組み。


顧客中心主義

• より快適な暮らしの提供のため、建設現場での人類学的研究や、エクスペリエンスセンター2か所の新設、そして弊社のキャプテンKパートナープログラムの新しい取り組み。

• 建築物の複雑な火災安全性をナビゲートする取り組み。
 

イノベーション

• 研究開発チームによるハイテクなモジュラーパネルや照明付きボード、そしてエコフレンドリーな屋上緑化まで、未来を形作る新しいソリューションの開発。

• 成功の10年目を迎えた革新的なECOSE® Technology。

• 建物の改修を変革するコンセプト、クナウフエネルギーソリューションズの発表。
 

社員の力

• 世界中の社員たちが、エネルギー効率や火災安全、グリーンインフラ、建物の耐久性を常に政策担当者の協議事項の中心におく活動を行っています。

• より多くの女性が、エンジニアのキャリアをやりがいのある職種として就くためにどのように促進するのか、また弊社の大学院プログラムで将来の専門技術者をどのように育成するかを討論しています。

 

Annual Review 2019

2019年版年次レポートの続きはこちらから